休業手当を従業員に支給していない中小企業の会社様へ

新型コロナウイルス感染拡大のために事業活動を休止し、
その結果、やむなく 従業員に仕事を休んでもらっていた
会社さんは、少なくないと存じます。

法令によると、会社の都合で仕事を休む従業員に対して、
会社は休業手当を 出さないといけない決まりになっています。

ところが、
「休業手当を出してやりたいが、会社として余裕がないから無理」
という中小企業の会社さんのなんと多いことか。

売上減で収益は右肩下がりなのに、人件費など毎月の固定費は必ずかかります。
仕事を休ませている従業員に、休業手当や給料を支払わないといけない中小企業
の社長さんのお悩みは察するに余りあります。

雇用調整助成金という制度がありますが、どちらかといえば大企業向けであり、
中小企業にとって、使い勝手は決してよくありません。

そこで、おすすめしたいのが「新型コロナウイルス休業支援金」です。

新型コロナのために仕事を休んだのに、休業手当を受け取っていない
従業員 に対して、休業1日あたり最大11,000円が給付されます。

雇用調整助成金よりもずいぶん使い勝手がよく、極端を言えば
中小企業の社長さん のサインひとつあればけっこうです。

自社の従業員の雇用を守りながら会社経営をされておられる
社長さんのために 当事務所は「新型コロナウイルス休業支援金」
の申請代行を承っております。

新型コロナ 休業支援金はココにご注意

新型コロナウイルス休業支援金の申請は、以下の要件をすべて 満たしている必要があります。

【ご確認ください】
・新型コロナによる影響のために従業員を休ませていた期間がある
・従業員を休ませていた期間の休業手当をまったく支払っていない
・休業手当の代わりに支払った“見舞金”の額は月3万円以下である
・休業前に支払っていた給与明細(最低3か月分)を発行できること
・経営者や従業員がともに暴力団等に所属していないこと
・会社が休業手当を支払ったら休業支援金の返納に同意すること

休業支援金 手続きの流れ

休業支援金の手続きはどんな流れで進むのでしょうか?
実は、とっても簡単です!

面倒なことは当事務所でさせていただきます。

休業支援金の申請に慣れている社員がいない会社さんなら
申請手続きに詳しい当事務所にお任せください。

STEP1   まずはお電話ください

042-707-9183 

なるべく社長さんのご都合のよい日時に相談日をお取りするよう努めます。
お電話は、夜間でも土日祝日でも歓迎いたします。           

※接客中などで、せっかくのお電話がお受けできないことがあります。   
その際は必ず当事務所の所長が折り返しご連絡させていただきます。   

STEP2  相談日当日

当事務所の所長が自ら貴社までお伺いいたします。  
休業支援金のこと、貴社のことなどをお話しください。

STEP3   契約

社長さんがじゅうぶんにご納得いただけましたら契約です。
                          
当事務所は「この事務所に頼んで良かった」と、    
社長さんに 感じていただけることを重視しております。 

STEP4   休業支援金申請スタート

必要な書類をお預かりして、業務を開始します。
※必要な書類はこちらでご確認いただけます。 

当事務所の特長

1.土日祝日、夜間も対応

中小・零細企業の会社さんは平日や土日も 関係なく業務に追われていてご多忙です。
「夜しか時間がない」「土日なら相談できる」 そんな社長さんのご要望に応えました。

2.分かりやすい説明

規則や法律をコネ回すようなことはお話ししません。
役所と同じことをしゃべらないようにもしております。

3.トータルでサポート

新型コロナウイルス休業支援金はもちろんのこと、 労働保険や社会保険のこと、
建設業許可、会社設立、 産廃の収集運搬の許可、宅建業許可の免許のことも、
行政書士である所長が自らご相談に応じます。

4.最新情報で相談に応じます

新型コロナウイルス感染症にかかる休業支援金・助成金は 日々情報が更新されています。
最新の情報の入手を欠かさない当事務所の所長が 貴社までお伺いしたします。
社長さんのお悩みをお聞かせください。

報酬と料金

休業支援金の申請代行については、以下のとおりです(税別)。

(顧問先の会社様) (非・顧問先の会社様)
着手金2万円 (従業員1名につき2,000円加算) プラス助成金額の10% 着手金4万円 (従業員1名につき2,500円加算) プラス助成金額の30%

こんな会社さんに、ぜひおすすめします

・コロナの影響で売上が急減している会社さん
・従業員の雇用を維持したい会社さん
・予約キャンセルが相次いでいる商店主さん
・従業員に休業手当を支払えないでいる事業主さん

当事務所の社労士に依頼するメリット

1.申請にかかる手間と時間が大きく軽減できる!

役所へおカネを納付(支払う)するのには手間なんてあまりかかりませんが、
役所からおカネをもらうための助成金・支援金の申請には手間と時間がかかります。

2.申請にかかる書類の作成やチェックができる!

助成金や支援金の申請には、法令に違反していないかをチェックしながら 多くの書類を作成する必要があります。

3.ラクができる!

助成金や支援金の申請には何度も役所へ行き、情報を確認して・・・ といった、面倒で骨の折れることが多いです。

ご注意

当事務所は丁ねいな接遇を心掛けておりますが、以下のようなケースは業務をお断りさせていただくことがあります。

1. 他の社会保険労務士さんと現に顧問契約されている会社様

社労士界において、同業者が関与している会社様には手を出さないという慣習があるためです。

2. 助成金・支援金をもらえばいいとお考えの会社様

国(厚生労働省)は、恩恵的に会社様におカネを与えているのではありません。
あくまでも「雇用の安定・維持」のために給付しています。
この点についてご理解いただきますようお願いいたします。

3. 法を守るという意識の乏しい会社様

例えば、法人ならば労働保険(労災保険と雇用保険)の加入は強制です。
労働保険料の申告・納付をしておらず、残業代を支給して いない・・・
という会社様からのご依頼は、お引き受けいたしかねます。

4. 法定書類が未整備または著しく誤りが多い会社様

例えば、残業代が支払われても給与明細にその記載がなく、
出勤簿は社長さんの記憶力だけが頼り・・・といった会社様は 、
改めていただけませんと、ご依頼をお引き受けいたしかねます。

事務所代表 プロフィール

昭和43年大阪府生まれ。

家業が建設業でしたので、小学生の時から数十人もの従業員の給与計算などをして家の商売を手伝っていました。

そろばん塾に行かされ、給料日前にはン百万円分の一万円札や大量の小銭を運搬するために自転車で銀行通いもしました。

高校時代、施工の現場で働き過ぎたために大学受験に失敗したことも、
今となってはいい思い出です。

慶大卒業後は出版社に入社。
週刊誌の編集者として、政治家、大企業の社長、ヤクザ、プロ野球選手、
グラビアアイドルなど様々な人たちと出会いました。

その後、神奈川県内でも有数のハイヤー・タクシー会社に入社。
運行管理という仕事をしながら数百人もの乗務員の採用活動も行う。
苦情処理で出向いたお客様から、川に突き落とされることも経験。

やはり自分は街の小さな会社の経営者さんに寄り添うような仕事がしたいと、
十分な経験を積んだ後、社会保険労務士事務所を開設。

事務員がいない、奥さんやご家族が手伝ってくれない・・・。
そんな小さな会社・お店の経営者さんの心に寄り添いつつ、
有益なサービスをご提供したいと、日々奔走中。

事務所概要

雇用関係助成金専門  西門・ふじみ社会保険労務士事務所
事務所代表      
社会保険労務士/行政書士   西坂 政志

〒252-0236 神奈川県相模原市中央区富士見5-21-21 フローレオ淵野辺201

TEL 042-707-9183 FAX 042-707-9332

 

MENU